8.アスベスト(石綿)除去

1970年代後半から輸入された石綿の多くは、建築資材として建築物に多く使われてきました。
建築物の解体・改修工事等においては、労働安全衛生法(石綿障害予防規則)をはじめとする関連法を遵守し、適切な石綿ばく露対策が重要になってきます。

レベル1・2:発じん性が著しく高い作業(飛散性アスベスト)

 
 
石綿粉じんの飛散を防止する為、プラスチックシートにて養生する。
(床0.15mm2層、壁0.10mm1層)
 
 
 
吹付石綿部分に飛散抑制剤を散布する。
 
 
 
ヘラやケレンを使用して吹付石綿を除去します。
 
 
 
ヤスリやブラシを使用して細かい吹付石綿を除去します。
 
 
 
除去した吹付石綿は、専用の袋に2重梱包します。
廃石綿として特別管理産業廃棄物処理場にて埋立処分します。
 
 
 
除去面に固化材を散布します。
 
 
吹付石綿除去作業では、負圧機を使用し気圧差にて外部への飛散を防止します。
除去前には、大気保全課の厳しい検査後、撤去開始となります。
又、外内部にて環境測定を行い、石綿の外部飛散が無いことを確認しています。
 
 

レベル3:発じん性が比較的低い作業(非飛散性アスベスト)

 
 
 
外部への飛散防止対策として、養生テープにて目張りを実施する。
 
 
 
散水噴霧器にて湿潤化する。
 
 
 
石綿含有建材(成形板等)の除去作業。
湿式作業を原則として、発じんレベルに応じたマスク、保護具の使用。